top of page
  • オフィスKFP

2023年管理実績と空室データ




12月に入り2023年分賃料の

全送金が終わり、

管理データが揃いましたので、

公表させて頂きます。



管理戸数について


2023年1月時点では10戸でしたが、

2023年12月時点では102戸になりました。


管理手数料については

下記の料金で対応させて頂いております。


通常

賃料総額の5%+消費税


弊社が仲介した物件の管理手数料

賃料総額の3%+消費税



弊社管理物件の特徴


・3点UB割合

36.3%

・駅徒歩15分以上割合

35.3%

・耐用年数切れ割合

88.2%


弊社の主な事業は

一棟収益不動産の売買仲介です。


買主様は投資家が多く、

投資家が求めるような収益性や

土地値と売買価格の乖離が少ない物件を

紹介している事が多い関係で、

弊社管理物件は上述の特徴がございます。



入退去について


管理後退去数5戸

管理後入居数12戸


退去数より入居数が多い結果になっており、

購入時は空室が多い部屋も

満室賃貸中となった物件が複数棟あります。


現状の入居率より

物件が持つポテンシャルを重視して

ご紹介をさせて頂く事が多い関係で、

購入時は空室が目立つ物件を

紹介する事が一定の割合でありますが、

購入後の高稼働が見込みやすい物件として

ご紹介をさせて頂いております。



空室率について


①時点空室率

②稼働空室率


上記2つに分けて弊社管理物件の

空室率及び稼働率をご説明させて頂きます。



①時点空室率


管理戸数102戸

稼働戸数98戸

稼働率96.1%

空室4戸(募集戸数2戸・修繕中2戸)

となっております。


時点空室率は

空室戸数÷総戸数で計算できますので、


空室戸数4戸÷管理戸数102戸

≒3.9%という時点空室率となってます。



②稼働空室率


空室日数÷(稼働日数+空室日数)

で稼働空室率は計算可能です。


2023年1月~12月までの各月の管理戸数を

足していった戸数が603戸となっておりまして、

そのうち574戸が賃貸中となっておりました。

(空室戸数29戸)


日割等の関係で厳密に計算すると

若干の誤差が出てくるかもしれませんが、

稼働空室率の計算式に

当てはめて計算をしてみると、

約4.8%という稼働空室率になってきます。



弊社の賃貸管理事業について


弊社の賃貸管理事業については、

売買に伴う管理受注を基本としており、

管理をしても問題がない物件を

ご紹介させて頂いております。


その為、弊社紹介物件の賃貸付は

自信をもって対応させて頂きますが、


他社様で購入した地方物件の

空室が困っているといった相談が来た場合、

立地によっては管理を受けられない場合が

一定の割合である事をご理解下さい。


また、管理の質を維持するために

1,000戸を目途に新規管理の受注を

ストップする形で事業を進めております。



現在は道半ばの段階でございますので、

管理のご相談や売買のご相談等、

下記URLから対応可能ですので、

お気軽にお問い合わせください。





Comments


bottom of page